初心者さんいらっしゃい!Progateで学んだjavaの基礎知識と変数の扱い


はじめに

数あるプログラミング言語の中でも、とりわけ汎用性が高いと言われている言語があります。
それが、今回紹介する“java”です。
現在プログラミング学習サイトProgateでjavaについて学んでいるので、
そこで自分がつまづいたところを復習も兼ねて紹介します。

Javaのデータ型

文字列や数値はデータ型と呼ばれています。

文字列と整数のデータ型
String=文字の並び
int=整数

変数とは

変数=データを入れておくボックスです。
ボックスには名前(変数名)がアサインされています。
名前を使えばいつでもボックスからデータを取り出すことができます。

変数の定義について

変数を使うには、定義を行う必要があります。これがないと始まりません。
javaにおいては

データの値を指定
変数の名前を入れる

上記2点が必須となっています。

文字列を扱う場合は、
String 変数名
数値を扱う場合は、
int 変数名

でそれぞれ定義できます。

変数の代入

定義が完了したら、今度は変数に値を入れましょう。
この作業を代入と呼びます。
やり方は簡単で、
「変数名=値」とコードを書くだけでOK。

言葉にすると
「右の値を左の変数に代入しますよ」という意味になります。
※式の間に半角スペースを入れないように注意。

代入した値の取り出し

代入ができれば取り出すことだってできちゃいます。
やり方はこれも簡単で、
System.out.println(変数名);でOK。
※()の中はダブルクォーテーションで囲むとエラーになるので注意。
また、最後にセミコロンをつけることも忘れないでください。

変数は値の仮置場なので、変数に対してアクションを起こせば
変数から値が取り出されることで処理が行われます。

変数の初期化

変数の値の代入は、変数を定義する際に同時進行が可能。
このように、変数の定義と値の代入を同時に行うことを
変数の初期化と呼美ます。


int num = 3;
String text = “こんにちは、鈴木さん“

上記の場合、int num String textまでが変数の定義となり、
= 3; = “こんにちは、鈴木さん“までが値の代入となります。

int型変数の計算

変数に値を入れている場合、数値と同じように計算することができます。
数値と変数の計算や変数同士の計算も可能。


int num1 = 10;
System.out.println(num1 + 1);

上記の場合だと、
1.int num1で変数を定義して、
2.=10; で値を代入
3.System.out.println(num1 + 1);でコンパイルすると

結果は11が表示されます。
理由として、num1で10という値を代入しているので
10+1=11という結果になるためです。

これの続きとして、
int num2 = 5;と変数を初期化したあと、
System.out.println(num1 + num2);でコンパイルすると
表示される結果は、10+5=15となるので
15が表示されます。

String型変数を連結する時でもやり方は一緒

int型の計算が分かれば、コードの書き方はString型でも変わらない。
例えば、
String greeting =“今日は風が強く、肌寒い日だ“;
System.out.println(greeting + “だからコートを羽織った“とコードを書くと
“今日は風が強く、肌寒い日だ。だからコートを羽織った“と表示される。
※セミコロンを打つ時には必ず半角で記述すること。全角だとエラーになってしまいます。

変数の更新

代入した変数は、再び値を代入することで変数が更新されます。
同じ変数で代入を繰り返すことでボックスの中身がどんどん増えていくというわけです。


String name =“サクラ“
System.out.println(name);
name = “お花見“
System.out.println(name);

例では、Stirn型変数をnameと定義して、
“サクラ“という文字列を代入しています。
一度サクラをコンパイルした後に、
続けて“お花見“を代入すると
コンパイル結果は“サクラ““お花見“となります。

更新する時はデータ型を指定しないこと

javaでは、同じ名前の変数を定義することができません。
そのため、
int num =3;
int num =5;
と記述して更新しようとしてもエラーになるというわけです。

値を更新する時には、データ型を指定せずに
int num = 3;
num = 5″
上記のように記述しましょう。

PostScript

今日の学習ロケーションは近所のタリーズです。
19歳の頃に短い間でしたが働いていたことがあるので懐かしいですね。
落ち着いた雰囲気があり、スタバよりも大人なイメージ。
spotifyで音楽を聴きながら勉強するのが最近のお気に入りです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加