WASABIさんのTED×トークの動画から学ぶ、発信し続けることの大切さ


Twitterでランサーズでの実績をツイートしてから、フォローされる事が多くなりました。孤独になりがちなフリーランス活動に置いて、フォロワ―が増えることは実に嬉しいです。

「頑張っている仲間がいるから、自分も頑張ろう」と思えるようになりました。その分、ツイートが注目させることも多くなるので、自分の発言に責任を持つことの大切さを、改めて自覚しました。

そんななか、タイムラインを見ていると気になるツイートがあったので、自分の考えをつづってみようと思います。

TEDでトークをする、日本人翻訳家のWASABIさん

TEDってご存知ですか??海外が発祥で、様々な経営者や各業界で活躍している第一人者たちのプレゼン動画を見ることができるサイトです。最近では、スマホでアプリもリリースされており、手軽に一流のプレゼンを見れるようになっています。

ベルリン在住のブロガ―が、TEDに登場

大学卒業後、新卒でフリーランスになったWASABIさん。ドイツのベルリンで活動拠点を置き、翻訳家・ライターとして活躍しています。

まずは、TEDでの動画をご覧ください。

動画の中でWASABIさんは、

『自分の欲(=自分のやりたい事・心で感じた事)に素直になる』

上記の事を重点において繰り返し説明していました。新卒で就職活動をせずにフリーランスになったWASABIさんが、経験を通じて語っています。

発信し続ける事の大切さ

ブログを開設するも、一日の訪問者数は約10人。それでもWASABIさんは、ブログを通じて自分の考えを発信していました。そこであるとき、

新卒を捨て、いきなり海外でフリーランスになってみて思うこと

命からがらドイツへ逃げて来た『シリア難民の友達』にインタビューしてみた

をブログで発信したところ、SNSを通じて多くの人に読まれるようになったようです。

一日の平均が10人以下でも、続けていれば自分の記事がきっかけになることもある。反応がないからといって、断念しやすい自分にとっては衝撃的でした。

動画の中でWASABIさんは、

『まっすぐ自分の想いを書くことで、人に必ず伝わる』

『年齢、性別、経歴に関係なく、人の心にまっすぐ届くものが書ければ、それがちゃんと人に届く時代になった』

と述べています。正直、自分のブログもまだまだ無名なので、発信することに対してどこか身構えてしまっている部分もあります。ただ、WASABIさんの動画を通じて、自分の心に感じたままに書くことが、情報を発信する事なんだと改めて思いました。

自分の手で自分の人生を切り開く

動画で堂々とプレゼンしているWASABIさんをみて、自分の人生だからこそ、好きなことをやって切り開いていきたいと感じました。それが、フリーランスの醍醐味でもあり、大変なことです。

きれいごとばかり並べているかもしれませんが、それくらいこの動画は自分へ大きな影響を与えたことは、まぎれもない事実だということはお伝えしたいです!

スポンサーリンク
sponser link
カテゴリー
sponser link
カテゴリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
sponser link
カテゴリー